建物を増築・取り毀した場合

TOP > 建物を増築・取り毀した場合

建物を増築・取り毀した場合不動産に関する登記は、新築時以外にも建物の増築や取り毀しを行った場合にも必要になります。表示登記は、不動産の現在の状況を公示するための制度ですので、常に更新される必要があります。そのため、増築・取り毀しを行う事で不動産の所在・構造・床面積に変更が生じた際には表題部の登記事項を変更しなければなりません。

この場合も、1ヶ月以内に変更の登記手続きをする事になります。