マンション・一戸建てを新築した場合

TOP > マンション・一戸建てを新築した場合

マンション・一戸建てを新築した場合一戸建てやマンション・事務所等建物を新築した場合、表示・表題登記をする必要があります。これを行うのが土地家屋調査士です。調査士は、依頼を受け法務局や現地を調査したり、建物の床面積を測り、図面と照合し、写真撮影を行い、図面作成や必要書類を集めて申請書を作り、法務局に申請します。

 

マンション・一戸建てを新築した場合表題登記終了後、司法書士が保存登記を行い、権利証(登記識別情報)が出来ます。